取り扱い上のご注意-ボタン電池に関して-

>

❗ 電池から漏れた液体が目に入ったときは、こすらずにすぐに水道水などの多量のきれいな水で十分に洗った後、医師の治療をうける。
失明など障害のおそれがあります。


❗ 電池を火の中に入れたり、加熱、分解、改造しない。
絶縁物やガス排出弁などを損傷させたりし、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池の(+)と(-)を逆にして使用しない。
電池がショート状態となり、過大電流が流れたりして、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池の(+)と(-)を針金などで接続したり、また金属製のネックレスやヘアピンなどと一緒に持ち運んだり、保管しない。
電池がショート状態となり、過大電流が流れたりして、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 新しい電池と使用した電池や古い電池、銘柄や種類の異なる電池などを混ぜて保管しない。

電池がショート状態となり、過大電流が流れたりして、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池は乳幼児の手の届かないところに保管する。
万が一、電池を飲み込んだ場合は、すぐに医師に相談してください。

❗ 電池の液を舐めた場合には、すぐにうがいをして医師に相談する。

❗ 電池の液が皮膚や衣服に付着した場合には、すぐに多量の水道水などのきれいな水で洗い流す。皮膚に障害を起こすおそれがあります。

❗ 使いきった電池はすぐに機器から取り出す。
使い切った電池を機器に接続したまま長期間放置すると、電池から発生するガスにより、漏液、発熱、破裂、機器の破損のおそれがあります。

❗ 長期間機器を使用しない場合には、機器から電池を取り出す。
電池から発生するガスにより、漏液や機器の破損のおそれがあります。


❗ 電池の外装ラベルをはがしたり、傷つけない
電池がショートし、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池を落下させたり、投げたりして強い衝撃を与えない
漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池を変形させない
絶縁物やガス排出弁などを損傷させたりして、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池に直接ハンダ付けしない
熱により絶縁物やガス排出弁などを損傷させたりして、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池の使用、保管時に発熱、変形、外装ラベルの破損など今までと異なることに気づいた時は使用しない
漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 電池を水などの液体でぬらさない
電池が発熱したり、電池端子にサビが発生するおそれがあります。

❗ 電池を保管する場合や廃棄する場合は、テープなどで端子部を絶縁する
ほかの電池や金属製のものと混ぜると、漏液、発熱、破裂のおそれがあります。

❗ 機器の取扱説明書や注意書きに従って、用途に適した電池を正しく使用する
ボタン電池によっては仕様や性能が合わない場合があります。

❗ 直射日光・高温・多湿の場所を避けて使用、保管する
電池が漏液するおそれがあります。また電池の性能や寿命が低下することがあります。


「ボタン電池」は自治体の条例に従って正しく廃棄してください。